免疫を中心に健康情報を提供します。
 TOP PAGE
トップペ-ジ
 CONCEPT
基本理念
 FOR HEALTH
健康情報
 SITE MAP
サイトマップ
 CONTACT US
お問い合せ

 B細胞
 bone marrow derived
 抗体産生細胞・抗原提示細胞
(B細胞はリンパ球の20~30%を占めます) 


B細胞の名前の由来
   
B細胞のBは、英語のBone(骨)の頭文字をとったものです。骨髄などの造血器に由来する未熟リンパ球が骨の中で分化していったのでB細胞と呼ばれています。
B細胞の成熟には、消化管が重要な役割を果たしているようです。


B細胞は抗体をつくれる唯一のリンパ球
   
B細胞図 B細胞表面には、左図のように抗体が細胞膜にくっついたカタチになっています。くっついている抗体は異物を捕まえる触手(抗原レセプタ-)になっています。

B細胞は細菌やウイルスをやっつける弓の名人、抗体をつくる
   
B細胞は細菌やウイルス等の病原菌を狙い撃ちする弓の名人、抗体は飛び込んでくる病原菌を探し出して捕まえます。
この病原菌を捕まえたら細胞内に取り込んで分解し、病原菌の断片をクラスⅡMHC分子にくっつけてヘルパ-T細胞へ報告するヘルパ-T細胞は報告された情報が自己か非自己かを判断し、この病原菌をやっつける武器(抗体)をつくる命令をB細胞へ出す。B細胞受容体を抗体という武器につくりかえて病原菌をやっつけることになります。


B細胞が抗体をつくる2つの方法
   
T細胞依存性抗原
(通常の場合)
細菌やウイルスを捕まえた食細胞やB細胞、その断片T細胞へ報告T細胞からサイトカインの放出B細胞の増殖抗体の放出。
B細胞に抗体をつくるための命令書(サイトカイン)を出す細胞をヘルパ-T細胞といい、表面にはCD4分子を持っています。

T細胞非依存性抗原
(特殊な多糖類)
特殊な多糖類の刺激を受けたB細胞は、T細胞との連携がなくても抗体の放出をはじめます抗体のほとんどはIgMですが、時間の経過と共にクラススイッチが起こり様々な抗体へ変化していく。このクラススイッチには、やはりT細胞の関与があるらしい。


B細胞の分化と成熟・・・抗体をつくるには成熟したB細胞になる必要があります。
   
B細胞への分化の方向性が決まった段階の細胞をPro-B細胞といいます。
免疫グロブリンH鎖の可変領域の遺伝子が再編成を起こし、細胞質にIgMの鎖がみられるようになった細胞をPre-B細胞といいます。その一部はIgMのH鎖と代替L鎖とがペアになった分子を表出しています。この分子への刺激がB細胞への分化をさらに進めると思われています。
L鎖可変領域の遺伝子の再編成が起こり、L鎖がつくられるとIgMのH鎖とともに完全なIgMがつくられ細胞表面に表出されるようになります。この段階ではまだ未熟なB細胞です。
IgMとIgDの両方の免疫グロブリンを表出したものが成熟B細胞です。
   
B細胞の分化と成熟の段階図


B細胞の分裂と増殖
   
特定の抗原に対応するB細胞は、B細胞の中のごく一部にしかすぎません。そのわずかなB細胞が抗体をつくっても、つくられる抗体の量は微々たるものです。
そこで、抗原と反応したB細胞は細胞分裂して仲間を増やしていきます。1個の細胞が細胞分裂してできた細胞集団のことを
クロ-ンといい、もとの細胞と全く同じ性質を持っています。
このB細胞の増殖は、B細胞に増殖因子(主にCD4+T細胞が産生し、放出するサイトカインで、IL-2、IL-4、IL-5、IL-10、IL-13)が関与します。
また、B細胞の表面には
CD40という分子がありますが、T細胞が表出するCD154(CD40リガンド)という分子がそれに結合することもB細胞の増殖を促進します。(CD40については上記、B細胞の分化と成熟欄の成熟B細胞を参照ください。)
B細胞の分裂と増殖図


B細胞から抗体産生細胞への変化
   
増殖したB細胞群は、大量の抗体をつくり出し、放出するために細胞質が発達し大きくなります。このような状態のB細胞を形質細胞(抗体産生細胞)といいます。
B細胞から抗体産生細胞への変化図
形質細胞(抗体産生細胞)は、これ以上増殖することはなく、ある程度の抗体をつくり出すと死滅(終末細胞)していきます。


B細胞は増殖段階で抗体をつくるB細胞と記憶細胞へ分化します
   
B細胞は増殖する過程で、抗体をつくり出すB細胞と、記憶細胞に分化していきます。記憶細胞は長く生き延び、同じ細菌やウイルスの再度の侵入に備えることになります。
ハシカ等一度罹ったら二度とハシカに罹らない、所謂二度無し現象は、記憶細胞が働いているからです。
   
ワクチンはB細胞の記憶を利用した予防法
ウイルスを弱毒化して体内へ入れる
B細胞が捕まえる
一部が記憶細胞としてリンパ節に残る
同じウイルスが侵入
素早く対処
一度インフルエンザに罹ると同じインフルエンザには罹りにくくなりますが、インフルエンザウイルスは表面のカタチを次から次とかえるので、変幻自在のウイルスに対しては何度も罹ってしまいます。


B細胞のたまり場
   
B細胞のたまり場は、リンパ゚節脾臓になります。普段は血流にのって体中を駆け巡っています。
外界から侵入してきた抗原物質(細菌やウイルスなど)は、リンパ液血液の流れにのってリンパ節や脾臓に到達し、そこでB細胞が反応します。


このペ-ジの先頭へ